1. TOP
  2. マイル/ポイント
  3. 他人の贈与税を自分のクレジットカードで支払ってマイルを貯めた体験談

他人の贈与税を自分のクレジットカードで支払ってマイルを貯めた体験談

2017年から、各種税金がクレジットカード払いできるようになりました。

せっかく税金の支払いするなら、クレジットカードで支払って、マイルを貯められたら良いですよね。

しかし、税金支払い者とクレジットカード名義人が違う場合、支払い可能なのか疑問に思う方は多いです。

そこで、今回は、他人の贈与税を自身のクレジットカードで支払い可能かどうか、体験しましたので報告します。

注意点もあるため、最後までお読み頂いた方が良いでしょう。

これはある意味、バイマイルの新しい方法と言えるかもしれません。

税金をクレジットカード払いするメリット

税金をクレジットカード払いするメリットは、大きく2つあります。

  • 支払った分のポイントがもらえる
  • 分割払いに移行できる

以上の2点に尽きるのではないでしょうか。

税金のクレジットカード払いでポイント/マイルを獲得

陸マイラーのように、ポイントやマイルを貯めたい人にとっては、手数料とポイント還元率を天秤にかけて、支払い方法を決める人もいます。

決済手数料は1万円につき76円(税抜)で、支払い金額の0.76%のため、クレジットカードのポイント還元率がそれ以上であれば、クレジットカードを支払っても損をしないことになります。

例えば、100万円の税金を国税クレジットカードお支払いサイトで、決済するとします。

100万円の支払いに対して、7,600円(税抜)の決済手数料を支払います。

しかし、ポイント還元率1.0%のクレジットカードで支払うとすると、100万円の支払いにより、10,000ポイント/マイルもらえます。

以上より、1ポイント/マイル=1円として、クレジットカードで支払うことで、2,400円分得をすることになるのです。

また、10,000マイルあると、羽田-新千歳間を往復できる航空会社もあるため、7,600円の決済手数料で、2〜5万円の航空券を獲得することができて、ポイントの価値が上がります。

そのため、決済手数料を支払っても、クレジットカード払いを選択する理由があるのです。

税金をクレジットカード払いすることで分割払いにできる

想定以上に多額の税金が来たり、今すぐに準備できない状況だったりする場合は、分割払いを視野に入れることになります。

現金による納税の場合は、税務署に相談した上で、手続きが必要になるケースがあり、やや面倒です。

しかし、クレジットカード払いだと、その面倒な手続きがないため、利用しやすいです。

例えば、国税のクレジットカード支払いサイトで、一括払い・分割払い(3回、5回、6回、10回、12回)又はリボ払いの中から選択するのみです。

この国税クレジットカードお支払いサイトでは、分割払いにしても、手数料がかからないことになっています。

どんな税金がクレジットカード払い可能なの?支払い可能税金一覧

他人の贈与税を自分のカードで支払いは可能??体験談

結論から言うと、自分名義ではない税金を自分のクレジットカードで支払うことは可能です。

理由は、納税通知書に記載された納税者と実際に支払うクレジットカードの名義は紐付いていないためです。

私が実際に代替で支払ったのは、親戚の贈与税です。

金額にして、150万円ほどありました。

国税クレジットカードお支払いサイトで必要事項を入力し、最後のクレジットカード情報を入力する際に、自分名義のクレジットカード情報を入力しました。

結果、問題なく決済まで進み、納税が完了できました。

税務署に確認したところ、どんな手段であれ、支払ってくれさえすれば良いとのことでした。

そこに、名義が違うということは、全く問題にならないということです。

ただ、かなり重要な注意点があります。

税金をクレジットカードで分割払いする時の注意点

税金をクレジットカードで支払う際の注意点は、決済手数料を支払う点です。

先ほど、国税のクレジットカード支払いサイトでは、以下のような支払い方法の選択肢があると説明しました。

  • 一括払い
  • 分割払い(3回、5回、6回、10回、12回)
  • リボ払い

しかし、試しに分割払いを選択してみたところ、決済完了ができませんでした。

カード決済額上限を超えてしまったのかと思い、カード会社に問い合わせましたが、全く問題ありませんでした。

最終手段としては、国税クレジットカード支払いサイトにて一括払いし、その後で、クレジットカード会社に、リボ払い等、支払い方法を指定することで解決することがわかりました。

税金を支払って、ポイント数が上回ったところで、カード会社のリボ払いになってしまうということです。

どのカードであれば、国税クレジットカードお支払いサイトで、クレジットカード分割払いを選択できるかは、やってみなければわかりません。

クレジットカード会社により、対応が違ってくるため、各々確認してから利用した方が良さそうです。

結局、一括払いを選択し、支払いを完了しました。

税金を払ってはいけないクレジットカードとは

税金納付に使用すべきではないクレジットカードもあります。

それは、決済による付与ポイントが対象外だったり、半減してしまったりするクレジットカードです。

こういったカードで決済してしまうと、付与ポイントより、国税クレジットカードお支払いサイトにかかる決済手数料の方が多くなるため、注意が必要です。

例えば、アメックス系のクレジットカードが該当します。

クレジットカードを1枚だけで使用していると、知らないうちにポイントを取り逃がしてしまったり、決済手数料の方が多くなり、損をすることになります。

必ず2枚以上を持ち合わせておくことをオススメします。

税金納付にオススメのカードをご紹介しておきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードのキャンペーン

税金納付には、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスカードがオススメです。

セゾンプラチナビジネスは、マイル還元率が1.125%あり、JALマイルが貯まります。

国税クレジットカードお支払いサイトで支払うと、0.45%お得になるのです。

100万円の支払いで、4,500円相当がポイントやマイルで還元されることになります。

カード名に、”ビジネス”とありますが、個人でも発行可能です。

年間決済額が200万円以上あると、翌年の年会費が半額10,000円(税別)になったり、世界中のVIPラウンジを利用可能なプライオリティ・パスが無料で付帯します。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード入会キャンペーン<2021年1月最新>お得なカード発行方法は?

まとめ

今回は、他人の贈与税を自身のクレジットカードで支払いをするという体験について書きました。

各種税金は、自分名義ではない税金を自分のクレジットカードで支払うことは可能

これはある意味、バイマイルの新しい方法と言えるかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 楽天カード入会キャンペーン<2020年4月最新>どのポイントサイト経由がお得? 年会費無料

  • <2021年1月最新>中国国際航空ビジネスクラスのチケット発券はどのポイントサイトがお得?

  • ポイントサイトでポイントを稼いでマイルを貯めるってどういうこと?

  • 沖縄の宮古島に決定!JALのどこかにマイル家族4人34万円がたった24,000マイル<2018年11月>

  • ネットショップTOP3!お得にポイントゲットできるクレジットカードは?

  • JALアメックス・プラチナ入会キャンペーン<2021年1月最新>ポイントサイト経由と紹介はどちらがお得?