1. TOP
  2. マイル/ポイント
  3. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスカードとアメックスプラチナカードを比較

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスカードとアメックスプラチナカードを比較

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードは、JALマイルへの還元率が良いことで有名です。

実質、1.125%の還元率です。

アメックスプラチナカードはハードルが高いという方には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードがオススメです。

コストパフォーマンスの良さという点で、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードをベースにご紹介していきます。

*ビジネスカードと呼ばれていますが、個人でも発行することが可能です。

セゾンプラチナビジネスアメックスとアメックスプラチナカードの違い

今回ご紹介する、セゾンプラチナビジネスアメックスとプロパーカードのアメックスプラチナカードとの違いについて、簡単に触れていきます。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードのメリットを比較

セゾンプラチナにあって、アメックスプラチナに無いもの、つまりメリットはこちらです。

  • JALマイルが貯められる
  • マイル還元率が1.125%
  • 初年度年会費無料(翌年から2万円(税抜)ですが、200万円以上の決済で1万円(税抜)に)
  • 各種税金の支払いでも1.125%のマイル還元率
  • 海外キャッシングが可能(現地通貨を引き出し可能)
  • 航空機遅延補償が最大3万円(乗り継ぎ遅延においては、食事代・宿泊代等も補償される)
  • プライオリティパスで関空のぼてじゅうで無料で食事ができる

上記の詳細については、最後の方で触れていきます。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードのデメリット

セゾンプラチナのデメリットは、家族に対応していないという点です。

あくまでビジネスカードという括りだからです。

例えば、プライオリティパスは、家族カードがないため、会員本人分しか発行されません。

パートナーの方にもプライオリティパスを持たせてあげるには、夫婦でセゾンプラチナビジネスアメックスカードを発行しておくのがベストです。

 

【11月30日申し込みまで】セゾンプラチナビジネスが初年度年会費無料(終了)

セゾンプラチナビジネスアメックスカードの初年度年会費無料は終了しました。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、2019年11月末までの申し込みで、初年度年会費が無料になります。

通常は2万円(税抜)かかるため、非常にお得な時期なのがお分かりですね。

年間200万円以上の決済額があると、翌年の年会費はたった1万円(税別)と半額になるのです。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードの特典には、世界の空港ラウンジが使い放題のプライオリティ・パスが無料でもらえます。

プライオリティ・パスの年会費は、日本円にして4万円以上です。

これが無料で手に入れられるため、非常にお得な時期であることがわかりますよね。

もちろん、国内空港ラウンジも無料で利用可能です。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードのキャンペーン

セゾンプラチナビジネスアメックスカードのキャンペーンは、非常にハードルが低いです。

入会月の翌々月までに、決済金額10万円で永久不滅ポイントが1,800P付与されます。

これは、5,400ANAマイル、4,500JALマイルに交換可能で、9,000円相当になります。

別途特別キャンペーン中で、2019年12月31日までの交換で、4,500 → 5,400JALマイルになるキャンペーン中です。

<キャンペーン適応条件>

① 10万円決済 → 1,200P

② キャッシング1回 → 300P

③ 追加カード発行 → 300P

*追加カードも年会費無料キャンペーン中です。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスカードとアメックスプラチナカードの比較

最初の方でご紹介しました、セゾンプラチナビジネスアメックスカードの強みについて、アメックスプラチナカードと比較してみます。

  • JALマイルが貯められる
  • マイル還元率が1.125%
  • 初年度年会費無料(翌年から2万円(税抜)ですが、200万円以上の決済で1万円(税抜)に)
  • 各種税金の支払いでも1.125%のマイル還元率
  • 海外キャッシングが可能(現地通貨を引き出し可能)
  • 航空機遅延補償が最大3万円(乗り継ぎ遅延においては、食事代・宿泊代等も補償される)
  • プライオリティパスで関空のぼてじゅうで無料で食事ができる

JALマイルが貯められて、マイル還元率が高い、さらには税金の支払い用にも使える

JALマイルを貯められるカードは少ないため、非常に貴重なカードでもあります。

また、アメックスプラチナカードで税金を支払うと0.5%の還元率に半減してしまいます。

これに対して、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、1.125%の還元率を維持しています。

税金支払いについては、国税クレジットカード納付サイトでやや手数料がかかります。

しかし、その分、マイルに交換して、無料でビジネスクラスに搭乗できたら、お得な使い方になります。

税金の支払いは、法人税などの仕事面のみならず、プライベートの税金支払いも可能です。

国税や各自治体のクレジットカード支払いサイトが対応しているからです。

例えば、相続税や贈与税の支払いにも使えますし、自分宛の税金ではなくても、他人名義の税金でも代わりに支払うことが可能です。

初年度年会費無料(本キャンペーンは終了しました)

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、あまりキャンペーン等をしないカードなため、初年度年会費無料はかなり大掛かりなキャンペーンになります。

2年目以降は、前年度の利用実績に応じて、年間200万円以上決済があると、通常年会費2万円(税抜)のところ、半額の1万円(税抜)になります。

各種特典やサービス・保険が付帯している中で、この年会費はかなり安いでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは海外キャッシング可能な貴重なカード

海外キャッシングが可能なカードは意外に少ないものです。

海外のATMにVISAやAMEXと表示があるからといって、使えるものではありません。

それ以前に、自分の持っているクレジットカードがキャッシング可能となっていなければならないからです。

その点では、アメックスプラチナカードは、キャッシング不可のカードです。

海外旅行の際には、国内で円から外貨に交換すると手数料が高いため、現地でクレジットカードでキャッシングするのが一番お得な方法です。

さらには、必要な分だけ現地で引き出すことができます。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、現地通貨を安い手数料でATMから引き出すことが可能になります。

航空機遅延補償の補償額が3万円と秀逸

航空機遅延補償については、アメックスプラチナカードは最大2万円までで、乗継遅延補償(経由地で4時間以上の遅延)対象は食事代のみで宿泊費は含まれません。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、補償額最大3万円の範囲内で、乗継遅延補償では食事代のほか、宿泊費も含まれます。

他のクレジットカードと比較しても、最大3万円まで、さらには乗継遅延での宿泊代金まで補償されるカードはなかなかないため、非常に優秀です。

プライオリティパスでレストラン利用が可能

プライオリティパスがあると、関空にあるお好み焼きレストラン「ぼてじゅう」で食事代が3,200円(税込)まで無料で飲食可能です。

プライオリティパスがあると、これらの食事を無料でとることが可能です。

レストランをラウンジ利用としているのは、オーストラリアに多いです。

飛行機を待っている間、ラウンジで静かな時間を過ごすのか、お腹いっぱいレストランで食事をするのか、選択肢が増えるのは嬉しいですね。

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは持っていて損はしないカードですね。

まとめ

現在大変お得な条件が揃っている、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードをご紹介しました。

年会費無料で、入会キャンペーンもあることは滅多にありません。

このような特典を得るためには、2019年11月末までの申し込みが必要です。

プラチナ系のカードの興味のある方はぜひ発行してみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ビジネスカード比較 アメックスビジネスとアメックスビジネスゴールドの差は?

  • 消費税増税でポイント還元するお得なクレジットカードはこれ!<2020年1月最新>suicaも解説あるよ

  • JALを利用して最もマイルが貯まるオススメのクレジットカード〜出張族に〜

  • アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールドの違いを比較してみた

  • サミットのポイントは割に合わない!お得に買い物をする方法はこれ!

  • 妻から見たアメックス・ゴールドカードのすごい特典とオススメの使い方