1. TOP
  2. 旅行記
  3. 初めての海外出張で準備するオススメアイテムはこれ!

初めての海外出張で準備するオススメアイテムはこれ!

初めて海外出張へ行く方で、海外旅行も初めて!という方もいますよね。

旅行の手配は、会社で済ませてくれるものの、持ち物については、誰も教えてくれません。

現地で調達すれば良いものもありますが、そうでないものもあるため、事前に準備しておきたいですよね。

とくに、出張となると仕事道具であるパソコン周辺機器やWifiの準備など、加えて現地の天候に合わせた服装などを考えると、つい荷物が多くなってしまいがちです。

そこで、荷物をサクッとまとめるために、あらかじめ準備しておきたいアイテムをご紹介します。

以下のように、パッキングケース毎にアイテムをまとめてみましょう。

  • 機内持ち込みセット
  • 洋服/スーツなど
  • その他

市販のパッキングケースでなくても、ビニール袋にまとめるでも大丈夫です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

機内に持ち込むべき持ち物は全部で15アイテム!

まずは、機内持ち込み用バッグに入れておく、必須な持ち物をご紹介します。

わざわざ、仕分け袋などを100圴などで購入しなくても、ジップロックで十分です。

何と言っても、軽さ重要!

のちに、ゴミ袋としても利用できますしね。

まずは、機内持ち込みするバッグに収納するべき、大切な、15の持ち物をご紹介します。

  • パスポートとそのコピー
  • ビザ(必要時)
  • 航空券
  • 現地の現金
  • ホテル確約書
  • レンタカー確約書(必要時)
  • 保険証書
  • 携帯/スマホ/ポケットWifi/充電器
  • クレジットカード
  • コンタクトレンズ/メガネ
  • 歯磨き/洗顔用品/メイク道具(必要時)
  • ボールペン
  • パソコンとその周辺機器
  • 常備薬等

パスポートコピーは2枚準備することをオススメします

パスポートコピーは、自分で身につけておく用と、スーツケースに忍ばせておく用の2枚を準備しておきましょう。

預け荷物でトラブルになっても、自分のものであるという保証になります。

パスポートは残存有効期限に注意しましょう

初めての海外出張の方はパスポートも新しいものである方が多いため、あまり関係ないかもしれません。

また、会社からの命令による出張の場合、会社にパスポート情報を提示しているため、パスポートの残存有効期限については、チケット手配時に確認ずみである場合が多いです。

しかし、旅行に慣れてくると、パスポートの残存有効期限を気にしなくなるため、要注意です。

私の夫もその一人。

ガツガツ海外出張に行っていた割には、プライベート旅行の乗り継ぎ先で次の飛行機に乗せてもらえず、とんぼ返りをやってしまいました。

その時の様子は「パスポートの残存期間が足りない!入国拒否で空港に20時間滞在した夫」の記事に詳しく書いています。

ビザを取得するタイミングについて

数日の出張の場合、ビザは観光ビザを取得する場合が多いです。

米国ビザを例に上げます。

米国ビザのESTAは、72時間以上前(3日以上前)申請する必要があります。

出発当日にESTAを申請しても、搭乗前までに承認されるとは限りません。

登場拒否されるリスクがあるため、旅行計画が決まり次第、取得しておくことをオススメします。

ESTAとは

ESTAはアメリカ合衆国に入国する際に必要な、旅行ビザで、2009年1月12日より義務化されました。

一度の旅行で、米国に90日まで滞在可能です。

また、2年間有効で、その間、複数回にわたり米国に入国することができます。

ESTA申請ページ

https://bit.ly/KfPKQ7

出張する国によりビザが必要かどうかは、毎年変わるため、事前に調べておきましょう。

海外で使う外貨(現地の現金)はどこで引き出すのがお得?

世界的にキャッシュレス対応が増加傾向になっているため、基本的にはクレジットカードを使うことが可能です。

ただし、現金が必要なケースもあるため、事前に外貨の準備はしておいた方が良いです。

USドルを引き出せる場所は、以下の4箇所です。

  • 成田空港などの出発空港
  • 現地の空港
  • 現地のATM

現地に到着して、すぐに両替することを忘れてしまうこともあります。

そのため、国内の出発空港で5,000円〜1万円分くらいは外貨を両替しておくのがベストです。

一番手数料が安くすむ方法は、現地のATMです。

日本のクレジットカードで、引き出すことが可能ですが、最近は、キャッシング不可能なカードも多いため、事前にカード会社に確認しておきましょう。

オススメは、年会費無料で外貨キャッシングが可能なエポスカードです。

こちらより申し込みが可能です。


海外でインターネットをするなら、モバイルWifiは必須

海外では、モバイルWifiが便利です。

イモトのWiFiは、私もヨーロッパ旅行で使ったことがあり、トラブルなく快適環境でインターネットができました。

なので、イチオシなWifiです。


ちなみに、グローバルWifiは、フィリピンで全く作動しなくて、最後まで使えなかったということがありました。

楽しみにしていた旅行で、たまたま当たりが悪かったではすまされませんよね。

その時には、現地のSIMを購入して入れ替えて使いました。

たいていの空港には、現地SIMが販売されており、慣れた販売員が実際に使えるようにセットアップしてくれるケースが多いです。

レンタルしたモバイルWifiには、形状変換プラグが入っているため、現地のプラグ形状が違っている場合、自分で準備する必要がないため、重宝します。

筆記用具は携帯しておこう

細かいですが、筆記用具(ボールペン)は携帯しておくと便利です。

とくに、帰国便では、税関申告書類の提出が必須なため、機内であらかじめ記入できていると、飛行機を降りた後の作業もなくスムーズです。

パソコンとその周辺機器は機内持ち込みへ

パソコンとその周辺機器は、必ず機内持ち込みします。

理由は、預入荷物に入れられない決まりになっているためです。

また、海外ではスーツケースの取り扱いが雑なため、内部に壊れるものは入れるべきではありません。

機内でパソコンを使わない場合でも、身の回りに置いておきましょう。

本は待ち時間に便利

飛行機の移動は、割と待ち時間が多いものです。

機内でも上空に到達してしまえば、機内エンターテイメントのビデオやゲームを利用できます。

しかし、それまでの間は退屈するため、本を1冊持っていると良いですね。

空港でも、空港ラウンジを利用できれば良いのですが、対象外の場合は、世界のVIPラウンジを無料で利用可能なクレジットカードを発行しておくと良いでしょう。

アメックスゴールドカードは、お得な特典があり、オススメです。

  • 通常29,000円の年会費が、無料
  • 世界のVIPラウンジを2回まで無料で利用できる、プライオリティ・パスを無料で発行

紹介に限り、年会費が無料のため、必要な方は、下記よりお申し込みください。

 

常備薬などは絶対あった方が良い

海外で体に変調が起こるのは、よくあることです。

慣れない土地で緊張感で胃がキリキリすることもあるでしょう。

また、気候の変化や室内の空調の効きすぎで、風邪をひいてしまうこともよくある話です。

いくら保険に加入しているからといって、病院へ行くのもハードルが高いですよね。

そのため、胃薬・下痢止め・頭痛薬・風邪薬などを準備しておきましょう。

衣類は、部屋用と仕事用に分けてパッキングする

衣類は、部屋用と仕事用に分けてパッキングしましょう。

部屋用に必要な衣類等

  • リラックス系の衣類
  • 通常の着替え(Tシャツ・下着・ズボン・靴下など)
  • ビーチサンダル
  • カーディガンやフリースなど

ビーチサンダルは、部屋の中でのスリッパ代わりになる上、シャワーにもそのまま入れるため、重宝します。

仕事用衣類まとめ

  • スーツ一式
  • 仕事用靴

現地ではスーツを着用するケースが多いため、移動時は、なるべくしわになっても良い服装にしましょう。

靴も動きやすいものがオススメです。

その他持っていると便利なもの

その他には、以下のものを持ち合わせていると、良いでしょう。

  • ジップロック
  • 洗濯洗剤
  • 折りたたみ傘
  • 水着や運動着

洗濯洗剤は意外に便利

出張期間が長くなると、現地のクリーニングサービスを利用することもできます。

しかし、それほどでもないときは、部屋でサクッと洗ってしまう方が早い場合もあります。

自分洗濯の方法は、簡単です。

  1. 洗面所または風呂場で、洗剤少量で洗う
  2. 洗剤を洗い流す
  3. バスタオルに洗濯ものを巻き、絞る。または足で踏みつける。
  4. 洗濯ものを伸ばして、イスなどにほす

以上です。

出張先でも体を動かしておく

出張先のホテルには、プールやフィットネスエリアがある場合があります。

機内では長時間同じ姿勢でいることもあるため、極力、ホテルで体を動かしておくと、体調変化も少なくすみます。

とくに夏場は、水着があると良いかもしれませんね。

英語は現地で勉強!で間に合うこともある

海外に行って一番問題になるのが、言葉の壁ではないでしょうか。

しかし、英語が出来るようになってから海外出張に行こうと思うと、いつまでたっても行けません。

まずは、現地で恥ずかしい思いをするという経験をしてみましょう。

そうすることで、帰国後に必死になって覚えることになるものです。

まとめ

今回は、初めての海外出張で持って行くべきアイテムをご紹介しました。

初めての出張で、現地に行くまで不安な方は「初めての海外出張〜自宅出発から現地のホテル到着まで〜」をお読みください。

日本人の出張先で多い、デュッセルドルフ出張については「初めてのデュッセルドルフ出張で事前準備しておくこと」の記事に詳しく書いています。

デュッセルドルフの1日観光モデルコースを知りたい方は「初めてのデュッセルドルフ出張で1日休日がある人のための観光モデルコース」をご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 経由地でパスポート残存期間が足りないことが発覚!抜け道はある?対応法とは

  • 第一希望の徳島に行ってきた!<2018年9月>どこかにマイルで子供と日帰り観光旅行記

  • 初めてのデュッセルドルフ出張で1日休日がある人のための観光モデルコース

  • ホノルル空港からアラモアナ・ワイキキまでザ・バス(The BUS)で移動してみた

  • ワイキキとアラモアナを結ぶ電気自動車バス「ANA Express Bus」に乗車してみた

  • 無申告だけど…レンタルWifiは海外の経由地で利用可能?注意点と経験したWifiトラブル