1. TOP
  2. 旅行記
  3. 大自然のカウアイ島に行くなら準備しておきたい保険

大自然のカウアイ島に行くなら準備しておきたい保険

ガーデンアイランドと呼ばれる、雄大な自然が残されたカウアイ島を120%楽しみたいですよね。

しかし、自然が多いために、虫も多いということを忘れてはいけません。

また、旅行先では、食べ慣れない外食が多くなり、体調を崩すこともあります。

今回は、日本語があまり通じないカウアイ島で、病気やケガに関して、解説していきます。

知識と準備をしておけば、一安心ですね。

保険会社による、保険利用の全体データから言えること

ジェイアイ傷害保険は、2017年度に発生した海外旅行トラブルについて、まとめました。

具体的なデータをご紹介した方が、保険の重要性を理解できるでしょう。

 

項目 2017年度 ジェイアイ損害保険データ
事故発生率 3.4%
29人に一人
補償項目 1位:治療・救援費用 49,1%
2位:携行品損害 29.9%
3位:旅行事故緊急費用 16.7%
補償項目別事故件数の状況 ヨーロッパ:「携行品損害」の事故が多い
アジア・オセアニア:「治療・救援費用」の事故が多い
グアム・サイパン:「旅行事故緊急費用」の事故が多い
1,000万円以上の医療費用の支払い請求があったケース 8件
ほとんどが、予期しない疾患
脳梗塞や心疾患
中には、転倒による重症の骨折も
300万円以上の医療費用の支払い請求があったシニアの割合 57%

ジェイアイ損害保険トラブルデータを参考

中でも、1,000万円以上の医療費用の支払いが生じた8件のケースの中では、ハワイ滞在の方も2件含まれています。

具体的内容はこちらです。

症例①64歳以下。クルーズで食事中に倒れ、脳内出血と診断。12日間入院。家族が駆けつける。費用合計1,585万円

症例②ホテルでシャワーを浴びている際、滑って転倒し受診。大腿骨頚部骨折と診断され10日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。費用合計1,163万円

他にハワイ滞在中に起こった病気では、肺炎、脳内出血、心不全など、予期しないケースが多いです。

また、ホテルの階段で転倒し骨折してしまうなど、けがによる事故も発生しています。

ハワイ旅行中に起こりうる病気やケガ

先ほども実例として出てきましたが、起こりうる病気やケガには、突発的なものが多いです。

とくに祖父母を

トラブルの多い虫と噛まれた時の対処法

ツアーでも病院へのコンタクトは難しい

準備したい保険の話

クレジットカードの保険を検討する

まとめ

\ SNSでシェアしよう! /

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 羽田ウィーン直行便で子連れ旅行!子どもも喜ぶオススメの観光地とガイドブックにない穴場は?

  • 沖縄の宮古島に決定!JALのどこかにマイル家族4人34万円がたった24,000マイル<2018年11月>

  • JALの「どこかにマイル」で行き先が釧路に決定!日帰りで旬の食を満喫!

  • 初めてのデュッセルドルフ出張で1日休日がある人のための観光モデルコース

  • 子連れで大磯プリンスホテルに滞在したら江ノ島観光やソレイユの丘がオススメ

  • ハワイでもカウアイ島に行くなら必須の持ち物リスト30選~子連れ用もご紹介~