1. TOP
  2. 旅行記
  3. 無申告だけど…レンタルWifiは海外の経由地で利用可能?注意点と経験したWifiトラブル

無申告だけど…レンタルWifiは海外の経由地で利用可能?注意点と経験したWifiトラブル

海外旅行に行く時に、経由便になることもありますよね。

その際に、レンタルWifiはどうされていますか?

利用国を増やすと基本料金が上がるため、悩まれる方も多いです。

今回は、申請していない国でのレンタルWifiの利用が可能であるか、またレンタルWifiの注意点やWifiに関連したトラブルについてご紹介します。

そもそも申告していない国でレンタルWifiはつながるのか?

Wifiレンタル時に申請していない国でもWifiはつながることが多いです。

海外ローミングをするため、電源をつけると勝手に接続先を探しに行くからです。

しかし、海外ローミング料金が課金され追加料金を支払うことがあるため、使わないようにしましょう

たとえば、イモトのWifiでは、1KBあたり2円の料金が発生します。

  • メール300文字=20KB=40円
  • Yahoo!閲覧=200KB=400円
  • 写真=2MB=4,000円

と言った金額になります。

利用申請をしなかった国でwifiを利用するという行為は、Wifiレンタル会社との契約外の使用になるため、注意しましょう。

経由地がある場合、Wifiレンタルで複数国とすべきか

経由地がある場合も、念のためWifiレンタルで使用国として申請しておくことをオススメします。

または、日本で契約している携帯会社の1dayパケコースなどを利用できるようにしておくのも良いですね。

理由は、万が一のことがあるからです。

イスタンブールを経由地とした旅行での事例を挙げます。

最終目的地は、ドゥブロヴニク(クロアチアの観光地)で、トルコ航空イスタンブール経由の旅行でした。

乗り継ぎ時間は、3時間のみのため、Wifiレンタルで経由地使用は申し込みませんでした。

ところが、ドゥブロヴニク行きの飛行機に乗ろうとしたところ、パスポートの残存期限が不足していたため、翌日の日本行きを余儀なくされました。

日本行きまで20時間の時間がありました。

不足の事態のためにも、Wifiを確実に利用できる状態にしておきたいものです。

その時の詳細はこちらです。

パスポートの残存期間が足りない!入国拒否で空港に20時間滞在した夫

複数国利用時のレンタルWifi各社の料金と条件比較

Wifiレンタルはいくつかありますが、複数国で利用することを考えると、諸条件が変わってきます。

レンタルWifi会社 一カ国利用時料金 複数国利用料金 通信速度 備考
イモトのWifi 1,580円/日〜 1,580円/日〜 3G 世界周遊プラン
Global Wifi 平均1,270円/日 1,480円/日〜 3G or 4G 通信速度で料金が違う
jetfi/ジェトファイ 680円/日〜 980円/日〜 4G アジア・グローバルプラン

グローバルWifiのトランジットオプションは割高?

グローバルWifiでは、1回1,500円(税抜)で、トランジットオプションをつけておくと、日数に関係なく、経由地でのWifi利用が可能です。

2,3泊の旅行の場合は、複数国利用としてレンタルする方がお得になります。

旅行期間と行き先に応じてプランを使い分けましょう。

トランジットオプション

利用可能空港

<韓国>仁川国際空港(ICN)

<中国>北京首都国際空港(PEK) /上海浦東国際空港(PVG)

【中国でご利用の場合はLINEやSNS、Google利用可能な特別回線のプランとなります】

<台湾>桃園国際空港(TPE)

<シンガポール>チャンギ空港(SIN)

<香港>香港国際空港(HKG)

<イギリス>ロンドン・ヒースロー空港(LHR)

<イギリス>ロンドン・ガトウィック空港(LGW)

<ドイツ>フランクフルト空港(FRA)

<フィンランド>ヘルシンキ・ヴァンター国際空港(HEL)

<フランス>シャルル・ド・ゴール国際空港(CDG)

<カタール>ハマド国際空港(DOH)

イモトのWifiの世界周遊プランは3G回線のみ

イモトのWifiでは、世界周遊プランがあります。

しかし、3G回線のみなため、選択肢としてはあまりオススメできません。

jetfiの複数国利用はお得度高い

jetfiは複数国利用でも980円/日〜と大変お得な料金ですね。

jetfiはあまり知られていない割に、お得度が高い海外wifiレンタルです。

行き先や日数、経由地の有無などを考慮して、海外でも最適なネット環境にしておきたいですね。

レンタルWifiや空港などのFree Wifiが利用できなかった経験談

私が今までに経験した海外でのWIfiトラブルについてご紹介します。

マニラでレンタルWIfiが不具合で使用不可だった例

2017年12月、羽田空港でグローバルWifiでルータをレンタルしました。

GOLOBAL WiFi

マニラ空港に到着した際に、ルータの電源を入れ、接続しようとしましたが、Wifiにつながりません。

そこで、空港のFree WIfiを利用しました。

Grabでタクシーを予約したかっただけなのですが、空港の外に出た途端通信速度の遅いWIfiは切れてしまいました。

結局、空港建物を出る直前にSIMショップがあり、そこで現地のSIMに入れ替えして利用しました。

5分ほどでセットアップまでしてくれて、滞在中快適に過ごせました。

やはり現地のSIMはスピードも早く、安く購入できるので良いですね。

ホテルに到着し、ホテルのWifiでLINEチャットを通してグローバルWifiのカスタマーセンターとやり取りをしましたが、復活することはありませんでした。

後日、全額返金されています。

ただ、3泊4日という少ない日数で、こういったトラブルに時間が取られるのは、正直苦痛ですね。

カスタマーセンターはしっかりと対応してくれたため、精神的には安心できます。

ホノルル空港乗り継ぎ時に空港Free Wifiが使えなかった例

2019年6月ホノルル空港で、カウアイ島に行く乗り継ぎ待ちの時に、空港Free Wifiを利用しました。

私は成田からANA便で、友人は羽田からハワイアン航空で飛び、ホノルル空港カウアイ行き搭乗口で待ち合わせしていました。

友人がWIfiレンタルしており、私は持っていませんでした。

ホノルル空港では、友人からLINEで連絡が来ており、受信することができましたが、なぜか、私から送信することができませんでした。

この時の現象は未だ解明されておりません。

ホノルルのANAエクスプレスバスの車内ではFree Wifiが使えなかった

2019年5月より成田からA380機が運行を始め、ホヌという愛称で親しまれています。

それを機に、ワイキキとアラモアナショッピングセンターを結ぶ2台の電気バスが走ることになりました。

その際に、車内でFree Wifiが使えるとされており、実際にスマホ上にWifi表示もされていました。

しかし、パスワード不明で、使えませんでした。

運転手さんもスタッフの方に聞いてもわからず。

どなたかのブログに、電気バスの中にパスワードが書かれた紙が貼ってあると画像付きで書かれていたのですが、2台ともその紙はありませんでした。

しかし、電気バスが信号待ちする度に、ショップからの強烈なWIfiが飛んでおり、細切れながらも、利用することができました。

その時は、カウアイ島への乗り継ぎ時間を利用して、ワイキキ散策に出かけた最中のため、レンタルWifiは持参していませんでした。

まとめ

Wifiレンタル会社へ無申告地でWifi利用が可能かどうか、また、注意点や実際にあったトラブルについてまとめました。

経由便を利用する際や、周遊で数カ国の旅行をされる際には、お得度の高いjetfiでレンタルするのも良いですね。

Wifiが使えるかどうかで、旅行の自由度や充実度が違ってくるため、もしものことを考えてWifi環境は整えておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 中国国際航空ビジネスクラス利用!子連れで北京経由ウィーンへ行ってみた評判と感想

  • カウアイ島の大きさと地図〜一周にかかる時間は?〜

  • 初めてのデュッセルドルフ出張で事前準備しておくこと

  • これは便利!子連れで海外旅行へ行く際におすすめのアイテム一覧

  • カウアイ島のおすすめB級グルメを5つ紹介!〜小さい子どもも食べやすい〜

  • どこかにマイルを攻略して家族旅行!4つの候補地から第一希望を当てました