1. TOP
  2. マイル/ポイント
  3. アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールドの違いを比較してみた

アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールドの違いを比較してみた

アメックスビジネスゴールドは紹介による入会で、初年度年会費が無料のため、初めてアメックスカードを発行される方にとっては嬉しいですよね。

しかし、アメックスビジネスゴールドの他に、アメックスゴールドという、”ビジネス”がつかないカードもあり、混乱する方が多いです。

そこで、今回は、アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールドの違いを比較してみました。

それにより、自分にとってどちらのカードが使いやすいか、選びやすくなります。

アメックスゴールドとビジネスゴールド年会費や家族カードの違いを比較

アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールドを所有するとかかる費用に関する比較です。

下の表をご覧ください。

項目 アメックスゴールド ビジネスゴールド
初年度年会費 29,000円(税抜) 無料
2年目以降年会費 29,000円(税抜) 31,000円(税抜)
家族カード 1枚目無料

2枚目以降12,000円(税抜)

なし
追加カード なし 12,000円(税抜)
メンバーシップリワードプラス登録 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
ANAマイル移行手数料年間 5,000円(税抜) 5,000円(税抜)

1番大きな違いは、初年度年会費ですね。

アメックスゴールドでは、初年度から29,000円(税抜)かかります。

これに対して、アメックスビジネスゴールドでは、紹介からの入会で、初年度年会費無料になります。

特に、これからは副業を始める人が増えているため、個人仕様のカードと副業で使用するカードを分けたいところです。

アメックスカードが、使いやすいかどうか、お試しで無料発行できるという点では、かなりの優位性がありますね。

アメックスゴールドでは、家族カードが1枚のみ無料で発行できます。

2人でカードを利用していくと、ポイントが貯まりやすいという点では、メリットですよね。

紹介入会をご希望される方は、「その他のカード」から、ご希望のカードを選択してください。

 

アメックスゴールドとビジネスゴールドの入会キャンペーンの違いを比較

入会キャンペーンについても、魅力的なオファーがあるため、比較しつつご紹介していきます。

アメックスゴールドカードの入会キャンペーンで最大52,000ポイント獲得

アメックスゴールドカード入会キャンペーンは、条件を満たすと最大52,000ポイント獲得することが可能です。

その条件はこちらです。

  1. 入会後3ヶ月以内に1,000円以上の利用3回で1,000ポイント
  2. 入会後3ヶ月以内に20万円以上の利用で13,000ポイント
  3. 入会後3ヶ月以内に60万円以上の利用で20,000ポイント
  4. 60万円の決済で通常ポイントが6,000ポイント
  5. 60万円を対象加盟店で決済すると12,000ポイント

1〜5の合計52,000ポイントが貯まる計算になります。

対象加盟店はこちらです。

対象加盟店
  • Amazon
  • Yahoo!Japan
  • iTunes store / apple store
  • JAL
  • H.I.S.
  • アメックストラベルオンライン

普段使いするショップがあるため、お得にポイントが貯められますね。

ボーナスポイントは、毎年9/1から翌年8/31までをプログラム年度とし、上限は年間100,000ボーナスポイント(500万円分)です。

2年目以降自動更新します。

 

アメックスビジネスゴールドカードの入会キャンペーンで最大108,000ポイント獲得

アメックスビジネスゴールドカード入会キャンペーンは、条件を満たすと最大108,000ポイント獲得することが可能です。

その条件はこちらです。

  1. 入会後3ヶ月以内に20万円以上の利用で6,000ポイント
  2. 入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で12,000ポイント
  3. 入会後1年以内に200万円以上の利用で30,000ポイント
  4. 200万円の決済で通常ポイントが20,000ポイント
  5. 200万円を対象加盟店で決済すると40,000ポイント

1〜5の合計108,000ポイントが貯まる計算になります。

Amazon.co.jpでは、amazonギフト券の購入も対象加盟店でのポイント3倍対象になるため、amazonギフト券を購入しておくのもありですね。

有効期限は10年あります。

入会キャンペーンは、時期によって、キャンペーン内容が変更します。

2020年4月時点でのキャンペーンになります。

特に、ビジネスゴールドの初年度年会費無料というのは、紹介入会による場合のみです。

 

アメックスゴールドとビジネスゴールドの空港ラウンジの違いを比較

アメックスゴールドカードもビジネスゴールドも国内28箇所+ホノルル国際空港にある空港ラウンジを無料で利用することが可能です。

また、同伴者は1名まで無料です。

大きな違いは、世界の空港にあるVIPラウンジを利用可能なプライオリティ・パスが提供されるかどうかです。

各航空会社の空港ラウンジは、アメックスカードでは利用できませんので、ご注意ください。

アメックスゴールドカードのプライオリティ・パス

アメックスゴールドカードでは、プライオリティ・パスを無料で発行し、無料でラウンジを利用することができます。

ただし、条件として、年に2回のみです。

例えば、羽田〜バンコク経由〜ミュンヘンに行くとします。

羽田、バンコク、またはミュンヘンの何れか2箇所で使用することができます。

もしも、ラウンジ利用をする機会が多い場合は、アメックスプラチナカードだと、回数制限なく使える家族カード4枚の発行が無料で、本会員含めて全部で5枚まで発行することが可能です。

アメックスプラチナ入会キャンペーン最大90,000P<2020年4月最新>特典や価値がわかる活用方法

アメックスゴールドとビジネスゴールドの付帯する保険の違いを比較

アメックスゴールドは、家族も使えて、ビジネスゴールドは、社員も使えるというイメージだと理解しやすいです。

保険補償項目 アメックスゴールド ビジネスゴールド
国内傷害死亡保険金 5,000万円 5,000万円
国内傷害後遺障害保険金 最高5,000万円 最高5,000万円
海外傷害死亡・後遺障害保険金 1億円  1億円
海外傷害治療費用
保険金
300万円 300万円
海外疾病治療費用
保険金
300万円 300万円
海外賠償責任保険金 4,000万円 4,000万円
海外携行品損害保険金
(免責3千円/年間限度額100万円)
50万円 50万円
海外救援者費用保険金 400万円 400万円
国内航空機遅延補償 あり
海外航空機遅延補償 あり

アメックスゴールドとビジネスゴールドは、ほとんど同じ補償範囲並びに、補償金額です。

しかし、唯一違うのは、表の通り、航空機遅延補償です。

海外航空機遅延補償については、割と、他のカードでも付帯している特典です。

しかし、国内の航空機遅延補償については、非常に珍しく、貴重なカードであると言えます。

 

アメックスゴールドとビジネスゴールドその他の特典の違いを比較

アメックスゴールドとビジネスゴールドのその他の特徴ある特典の比較です。

項目 アメックスゴールド ビジネスゴールド
ミーティング・スクエア
手荷物ホテル当日宅配サービス
クラブオフVIP会員
コース料理1名分無料サービス ゴールドby招待日和

ビジネスゴールドは月会費を払って帝国ホテルのラウンジが利用可能

職場が近かったり、フリーランスの方は商談の場や休憩、集中して仕事をする場合に便利ですね。

月20,000円(税抜)で利用することが可能です。

同伴者1名まで無料で、最大3名まで同伴できて、2名からは一人につき、500円(税抜)/30分です。

また、コーヒーやミネラルウォーターは、無料です。

滞在時間は、1日最大2時間までになります。

所在地:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館5階

営業時間:10:00~20:00(年末年始休)

ビジネスゴールドの手荷物ホテル当日宅配サービス

手荷物ホテル当日宅配サービスは、東京駅、新宿駅、博多駅限定のサービスです。

大きな手荷物を宅配カウンターに預けて、対象エリア内の宿泊ホテルへ当日無料配送してくれます。

ビジネスゴールドのクラブオフVIP会員

クラブオフ会員に特別価格で提供されるホテルは、割とお得なホテルがあります。

ビジネスで国内出張で使う予定のある方だけではなく、家族旅行にも使えるため使い勝手が良いです。

クラブオフには、スタンダード会員とVIP会員があります。

例えば、VIP会員は、スタンダード会員より、1,000円/人安く宿泊可能などの優遇があります。

そこからさらに、年に2回1,000円分の宿泊補助券がもらえます。

こういった特典が無料で付帯するのは、非常にお得ですよね。

アメックスビジネスゴールドのガチ仕事で使える特典を解説

アメックスゴールドはゴールドダイニングby招待日和の利用で1名分コース料理無料

アメックスゴールドのゴールドダイニングby招待日和では、国内のおよそ200のレストランで、ディナーに限り、コース料理を2名分頼むと、1名分が無料になるという特典があります。

アメックスに選ばれたレストランなだけに、期待できますね。

アメックスゴールドとビジネスゴールドのポイントシステムの違いは?

実は、アメックスゴールドとビジネスゴールドのポイントシステムには、違いはありません。

そのため、ここでは、アメックスゴールドとビジネスゴールドのポイントシステムに共通する事項をご紹介します。

まずは、ポイントを貯めたり、使ったりするなら、必須のメンバーシップ・リワード・プラスのご紹介です。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すべき?

メンバーシップリワードプラスへの登録は、最初の表にありましたが、3,000円(税抜)かかります。

登録することで、ポイント還元率がアップするため、多くの人が登録しています。

参加登録料がかかりますが、ポイントを貯めやすく使いやすくするため、カードが届いたら登録しておきたいプログラムです。

2年目以降は自動更新されます。

使用する機会が少ない場合は、アメックスカスタマーセンターに電話をして変更することが可能です。

下記でも、アメックスカードのメンバーシップ・リワード・プラスについて解説しています。

アメックスプラチナを持ったら登録しておきたいメンバーシップリワードプラスでポイント3倍に

アメックスのポイントシステムはポイント還元率0%〜3%

アメックスのポイントシステムは、通常、100円で1ポイント貯まります。

ただし、以下の対象加盟店での利用にて、ポイントが3倍になります。

対象加盟店
  • Amazon
  • Yahoo!Japan
  • iTunes store / apple store
  • JAL
  • H.I.S.
  • アメックストラベルオンライン

JALのサイトでは、JALカードより還元率が良いため、JALマイルにこだわりがなければ、アメックスカードでの支払いが一番ポイントが貯まります。

一方で、以下では、ポイントが半減しますので、ご注意ください。

ポイント還元率が0.5%のみ
  • 光熱費(電気・ガス・水道料金)
  • 各種税金
  • 国民年金保険料
  • 決済手段(d払いなど)
  • 病院

さらに、決済してもポイントがつかないものもあります。

還元率0%
  • NHK
  • 電子マネー
  • 寄付団体

ポイントを集中して貯めるために、同じカードを使うことが多いです。

しかし、ポイント還元率が悪くなる支払いに対して、決済すると逆にポイントを損することになるため、気をつけましょう。

まとめ

アメックスゴールドとビジネスゴールドの違いについて比較してみました。

  • 初年度年会費無料 ビジネスゴールド
  • 家族カード1枚目無料 アメックスゴールド
  • 入会キャンペーン52,000P アメックスゴールド
  • 入会キャンペーン108,000P ビジネスゴールド
  • プライオリティ・パス アメックスゴールド
  • 国内航空機遅延補償 ビジネスゴールド
  • 海外航空機遅延補償 アメックスゴールド
  • ビジネスで使える福利厚生・ホテルラウンジなど ビジネスゴールド

何れのカードも一長一短で、決めるのが難しいですよね。

私のオススメは、やはり年会費無料のアメックスビジネスゴールドです。

まずは、アメックスカードの使い勝手を無料で知ると同時に、最大108,000Pを獲得するチャンスでもあります。

紹介入会をご希望される方は、「その他のカード」から、アメックスビジネスゴールドカードを選択してください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルやポイントを貯めて子連れ旅行を楽しむブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 沖縄の宮古島に決定!JALのどこかにマイル家族4人34万円がたった24,000マイル<2018年11月>

  • ビジネスカード比較 アメックスビジネスとアメックスビジネスゴールドの差は?

  • MUFGプラチナ・アメックスカード入会キャンペーン<2020年4月最新>このポイントサイト経由がお得

  • アメックススカイトラベラー入会キャンペーン<2020年1月最新>紹介入会がお得な理由

  • LCCで有効!国内旅行の台風で遅延・欠航保険付のクレジットカード<2021年1月最新>

  • セゾンプラチナビジネスアメックスカードの特典を知るとコスパの良さが見えてくる