ANAマイルは卒業?家族でアメックスゴールドが良い4つの理由

ANAマイルを貯めて、家族で海外特典航空券で海外旅行に行けたら嬉しいですよね。

しかし、ANAマイルで行ける海外特典航空券は、1年先まで予約が取れない!なんてことを経験した方も多いです。

ましてや、家族4人分となると、なおさら予約が難しいです。

今回は、マイルを貯めるためには、意外にもアメックスゴールドカードが良い理由について、ご紹介します。

ポイント還元率の高さから、特典航空券の近道であることがわかりますよ。

マイルが貯まりやすいのはANAアメックスゴールドよりアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドは、ANAに搭乗する機会が多い方にとっては、ANAマイルが貯まる優秀なカードと言えます。

フライトマイルのボーナスマイルがあるからです。

一方で、ショッピングでマイルを貯めるなら、アメックスゴールドカードの方が貯めやすいです。

理由は、独自のポイントプログラムの還元率が最大3%になるからです。

とくに、日常使いできるショップでポイント還元率が高くなるため、ポイントが貯まりやすいです。

比較項目アメックスゴールド
ANAアメックスゴールド
年会費29,000円(税別)31,000円(税別)
家族カード1枚無料15,500円(税別)
還元率1〜3%1〜4%

ANAアメックスゴールドは、最高還元率が4%とありますが、ドラッグストアなど限定的になります。

一方で、アメックスゴールドは、普段使いできるショップで、還元率が3%になります。

たとえば、Amazon.co.jpでウェブ決済する際に、アメックスゴールドを利用すると、100円につき1ポイントに加えて、2ポイントのボーナスポイントがもらえます。

つまり、100円で3ポイント、3%のポイント還元率になります。

Amazon.co.jpの利用で、実際に、ボーナスポイントが貯まりました。

還元率を3倍にするためには、メンバーシップリワードプラスに3,000円(税抜)を支払い、登録する必要があります。

アメックスゴールドの年会費は、ANAアメックスゴールドより、2,000円(税抜)安いため、登録料の3,000円(税抜)はあまり気になりませんね。

他にも、以下の対象加盟店でポイントが3倍になります。

対象加盟店

  • Amazon.co.jp
  • Yahoo!Japan
  • iTunes store / apple store
  • JAL
  • H.I.S.
  • アメックストラベルオンライン

加盟店ごとにルールがあるため、「アメックスゴールド3つのプログラムで還元率を上げるポイントの貯め方」の記事に、詳細を書いています。

普段使いのショップで、ポイントを3倍にできるのは、海外特典航空券を獲得する近道になりますね。

家族カードが無料なのはアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドは、家族カードの年会費が15,500円(税抜)かかります。

一方で、アメックスゴールドは、家族カードを1枚無料で発行できます。

これは、夫婦でまとまったポイントを貯められるとても良い機会ですよね。

たとえば、奥さんがAmazonフレッシュをスーパーマーケットのように、日常使いするケースがあります。

アメックスゴールドの家族カードを使って、生鮮食品を購入すると、3倍のポイントが貯まります。

地元のスーパーで買い物をしてポイントを貯めても、せいぜい還元率1%にしかなりません。

また、無料の家族カードであるにも関わらず、付帯するサービスは本会員とほぼ同等という点でも、優秀なカードと言えます。

手厚い旅行サービスをANAアメックスゴールドとアメックスゴールドで比較

ANAアメックスゴールドとアメックスゴールドの旅行に関する付帯サービスについて、比較しました。

アメックスゴールドにあって、ANAアメックスゴールドにないサービスもあります。

比較項目アメックスゴールド
ANAアメックスゴールド
海外旅行傷害保険最高1億円最高1億円
航空機遅延補償×
手荷物無料宅配◯ 往復無料△ 帰国のみ無料
プライオリティ・パス×
エクスペディア海外ホテル8%オフ×

特に、アメックスゴールドは、空港宅配サービスといって、スーツケースを1個無料で配送することが可能です。

また、世界のラウンジが利用可能なプライオリティ・パスを無料で発行することができます。

これは、家族カードについても、無料で1枚発行してもらえるため、夫婦で旅行をするときには、重宝しますね。

ANAアメックスゴールドは、空港宅配サービスは帰国時のみのサービスになります。

ANAアメックスゴールドより、アメックスゴールドの方が、付帯サービスが優れていることがわかります。

海外旅行保険が充実しているのはANAアメックスゴールドよりアメックスゴールド

海外旅行傷害保険について、アメックスゴールドは、ANAアメックスゴールドと同じ補償内容・補償額です。

しかし、航空機遅延補償は、アメックスゴールドカードに付帯したサービスです。

ANAの場合、遅延自体も少ないため、ANAに搭乗する機会の多い方は、航空機遅延補償は不要かもしれません。

アメックスゴールドは、様々な航空会社に搭乗することを想定しているため、遅延率も上がる傾向にあります。

たとえば、秋の旅行では台風による航空機遅延の可能性があります。

日本側が台風のために、ハワイからの帰国便が飛ばないというトラブルがありました。

ハワイのホテルでもう1泊したくても、ホテルの空室も無く、居場所がない人が溢れている状況でした。

アメックスゴールドの航空機遅延補償の補償内容は、4時間以上の遅延または欠航にて、2万円を上限に食事代が補償されるというものです。

せめて食事の手当てがもらえると、気持ちも違いますね。

それでもANAが好きな人は、アメックスゴールドをANAアメックスゴールドに切り替えて使う

ポイントを貯めやすく、特典や付帯サービスが充実しているため、アメックスゴールドはオススメのカードです。

しかし、それでもANAアメックスゴールドが好きな人はたくさんいます。

そんな時は、最初にアメックスゴールドを取得して、使い勝手を見てから、ANAアメックスゴールドに移行することをおすすめします。

ポイントが引き継がれるため、通常6,000円(税抜)かかるポイント移行手数料を支払う必要がないからです。

たとえば、夫婦でアメックスゴールドを使い、50,000ポイント貯めたとします。

ANAアメックスゴールドに切り替えて、本会員のみの契約にしておけば、年会費31,000円(税抜)のまま、50,000ポイントをANAマイルに移行可能です。

まとめ

アメックスゴールドとANAアメックスゴールドを比較して、アメックスゴールドの方が優れている点について、ご紹介しました。

特に、日常使いできるショップでの買い物で、ポイントが3倍になるアメックスゴールドは、イチオシです。

それでも、直接ANAマイルが貯まる手軽さから、ANAアメックスゴールドを欲しいという人は、アメックスゴールドを享受してから、ANAアメックスゴールドに切り替えるという方法をオススメします。

アメックスゴールドの詳しい使い方は、「アメックスゴールドカードの家族カード:旅行で特典を使い倒す妻<2019年1月最新>」の記事に詳しく書いています。

人気記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です