ANAアメックスカードの入会キャンペーンと口コミや評判を比較<2019年9月最新>

ANAマイルがよく貯まるクレジットカードの一つに、ANAアメックスカードが度々話題になります。

ANAマイルを大量獲得できる、大型の入会キャンペーンが開催されているからです。

ただ、ANAアメックスカードといっても、以下のような種類があります。

  • ブルーの一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード

この中から、「あなたに合ったカードがどれなのか?」を考えても迷ってしまいますよね。

そこで、このページでは、ANAアメックスカード(ブルー)について紹介します。

プラチナカードは年会費が14万円近くするため、「費用をかけずにマイルを貯めたい人」は選択肢から除外してよいでしょう。ブルーカード、あるいはゴールドカードの中から選ぶのがオススメです。

そのため、ANAアメックスゴールドカードと比較をし、ANAアメックスカード(ブルー)について、お伝えしていきます。

ANAアメックスカード(ブルー)は、年会費が安いのに、もらえるポイントは大きいところが魅力です。

あわせて、「入会特典を最大限に活用してお得にカードを発行するにはどうしたら良いか?」についても解説させていただきます。

1. ANAアメックスカードの入会キャンペーン詳細[2019年9月現在]

2019年9月30日までに、ANAアメックスカードに申し込みをされた方を対象として、入会キャンペーンが開催されています。

今回は、アメックスとANAが同時に実施している増税前の大きなキャンペーンになります。

この大型入会キャンペーンはいつも行われているわけではありません。

また、1度しかもらえないものです。一度退会して、再入会してももらえないため、この機会を見逃さないようにしましょう。

1-1. ANAアメックスカードの入会キャンペーンは、条件クリアで58,500マイル達成!

提示されている全ての条件をクリアすると、58,500ポイント貯まります。その条件とは、以下の通りです。

  1. マイ友プログラムに登録で500マイル
  2. ANAアメックスカード紹介にて発行で3,000ポイント(3,000マイル相当)
  3. ANAアメックスカード入会特典で1,000マイル
  4. 入会後3ヶ月以内に1万円の決済で、2,000ポイント(2,000マイル相当)
  5. 入会後3ヶ月以内に20万円決済で、5,000ポイント(5,000マイル相当)
  6. 11月30日までに35万円決済で、3,500マイル
  7. 11月30日までに50万円決済で、15,000ポイント(15,000マイル相当)
  8. 入会後3ヶ月以内に60万円決済で、21,000ポイント(21,000マイル相当)
  9. ANA便に搭乗で1,000マイル
  10. 上記の60万円の決済で付与されるポイントは、6,000ポイント(6,000マイル相当)

これらを合計すると、58,500ポイント(58,500マイル相当)になります。

これは、非常にお得なキャンペーンと言えます。

お得である理由としては、1ポイント=1円と考えると、年会費をポイントでキャッシュバックしてもらったと考えられるからです。

年会費である7,000円(税抜)は、通常7,000ポイント(7,000マイル相当)の価値になります。

他には、ANAマイル移行コース6,000円(税抜)とリワード・プラス登録3,000円(税抜)がかかります。

しかし、合計16,000円(税抜)=16,000ポイントで58,500マイルもらえると考えると、3倍のお得度がありますね。

さらには、58,500マイルあれば、10万円以上の価値あるヨーロッパやアメリカへの特典航空券へ交換することが可能です。

また、58,500マイルは、83,500円分のANAツアーの支払い代金に充当できるため、ホテル代もカバーすることができます。

16,000円(税抜)が10万円以上の価値になるというのが、2019年9月30日までにカード発行をされた方のキャンペーンになります。

1-2. さらに還元率を高めて、プラス12,000マイルを貯める方法とは

12,000マイルを貯める方法とは、以下の条件でショッピングをすることです。

  1. ANAマイレージモール経由:100円=1マイル
  2. ANAカードマイルプラスのショップにて購入:100円=1マイル
  3. ANAアメックスカードによる支払い:100円=1ポイント(1マイル相当)

60万円全額を上記の条件で購入すると、100円で3マイル相当の価値になることがわかります。

つまり、還元率が3%になり、合計70,500マイル相当が貯まります。

具体的なショッピング内容としては、日用生活品を「マツモトキヨシオンライン」で購入したり、プチブランドの子供服を「ナルミヤオンライン」で購入したりする方法があります。

また、100円で2マイルと、還元率がやや下がるものの、「高島屋」や「阪急デパート」などデパート系のオンラインショップもマイルが貯まりやすいです。

ショッピングの機会がある方は、是非この入会キャンペーン中に申し込むことをお勧めします。

ANAアメックスカードは、紹介で申し込む方法が一番確実にマイルが貯まります。

申し込み方法は、最後の方で詳しくご紹介します。

1-3. ANAアメックスカードの特典を漏れなく獲得するための具体的な方法

「58,500ポイント獲得の条件をクリアできそうにない!」という方は、使い勝手の良いAmazonギフト券を購入してはいかがでしょうか。

Amazonギフト券は、カード払いが可能です。

さらに、利用頻度も高く、有効期限は発行日より10年間あります

「Amazonギフト券Eメールタイプ」を選べば、紙のギフト券と違って紛失することもありません。金額とあなたのEメールアドレスを入力するのみです。

入会後3ヶ月以内に、「60万円のショッピング」をクリアできそうにない人にお勧めです。いつでも使えるお金が、アマゾンのギフトカードになるだけだからです。

1-4. ANAアメックスカードのカード審査基準や注意点

ANAアメックスカードを発行するためには、アメリカン・エキスプレス社による、審査に通過しなければなりません。

一般的に、アメックスカードというと、「ステータス性」があるため、審査が厳しそうな印象がありますよね。

しかし、電話で審査基準を確認したところ、以下の条件を満たしていれば、カード発行が可能であるとわかりました。

  • 20歳以上
  • 定職についている、もしくは、年金や不動産などの定期収入がある
  • 属性を総合的にみる

個人事業主や主婦であっても、上記の条件を満たしていれば、発行可能になります。

これであれば、よほどのことがない限り、審査に通過できそうですね。

しかし、以下のような方は、審査を通過できない可能性がありますので、ご注意ください。

  • 個人信用情報が悪い人
  • パートやアルバイトによる不定期収入の人

ただ、申し込みしてみないことには、結果がわからないので、まずは申し込みしてみてはいかがでしょうか。

2. ANAアメックスカードの入会キャンペーン申し込み方法

ANAアメックスカードを発行して58,500マイルを貯めるキャンペーンは、紹介からの申し込みになります。

以下の手順で進めてください。

ANAのマイ友プログラムに登録する

まずは、ANAのマイ友プログラムに登録しましょう。

事前に登録しておき、カード発行が確定したら、すぐに500マイルが付与されます。

紹介者情報に、以下をご入力ください。

紹介者入力内容
  • サキクボ ジュンコ
  • 00031167

入会キャンペーンの特典がもらえますので、どうぞご覧ください。

マイ友プログラムに登録後、引き続きクレジットカード申し込み画面が出てますが、そこから申し込みをしても、最大限の特典が得られないため、一旦、閉じましょう。

紹介用の申込書を受け取る

下のボタンより申し込みいただけましたら、アメックスの担当者より直接紹介用申込書が送られてきます。

その用紙に記入して申し込みを完了させてください。

ANAアメックスカードは、残念ながら年会費が無料になることがありません。

なぜなら、年会費に該当する金額分以上を入会キャンペーンでお返ししているからです。

たとえば、繰り返しになりますが、年会費7,000円(税抜)とポイント移行手数料6,000円(税抜)そして、リワードプラス登録料3,000円(税抜)に対して、58,500ポイントもらえます。

58,500ポイントは58,500マイル相当です。1マイル=1円としても、58,500円分の価値があります。

ANAマイルは、スターバックスギフト券への交換も可能で、その場合、58,500円分の飲食ができることになります。

年会費を支払っても、この入会キャンペーンに参加して、58,500ポイントを獲得できれば、大変お得であると言えます。

紹介からの申し込みをせず、公式サイトからすぐに申し込みを希望される方は、こちらからお申し込みください。紹介ポイントがないため、若干減ります。

3. ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドカードの比較

ここでは、「ANAアメックスカード」と「ANAアメックスゴールドカード」を比較してみます。

その人に応じて必要なサービスが違うため、カード選びの参考になるはずです。

ANAアメックスカードに向いている人はこんな人
♦ 年会費を安く済ませたい
♦ 主にショッピングでマイルを貯めたい
♦ 貯めたポイントは最大限貯まってからマイルに移行したい
♦ カード付帯のサービスを利用したい

ANAアメックスゴールドカードに向いている人はこんな人
♦ ANA便に乗る機会が多い
♦ 家族連れで海外へ行く機会がある
♦ 充実した旅行保険を求めている
♦ ゴールドカードを持ちたい
♦ 空港でゆっくり過ごしたい

次に、比較表をご覧ください。

比較項目ANAアメックスゴールドカード
ANAアメックスカード
年会費(税抜)31,000円7,000円 ※アメックス最安値
家族カード(税抜)15,500円2,500円 ※アメックス最安値
ポイント移行コース手数料(税抜)0円6,000円
ポイント還元率1.0%1.0%
ANAグループでの利用ポイント2倍ポイント1.5倍
フライトボーナスマイル区間基本マイレージxクラス・運賃倍率x25%区間基本マイレージxクラス・運賃倍率x10%
継続ボーナスマイル2,000マイル1,000マイル
ビジネスクラスカウンターチェックイン可能-
ポイント有効期限なし最長3年
ポイント移行コース加入で無期限
空港ラウンジ国内28空港、海外2空港同伴者1名無料
手荷物無料宅配ありあり
空港クロークサービスありあり
空港パーキング割引ありあり
エアポート・ミールあり-
送迎サービスあり-
海外旅行先での日本語サポートあり
オーバーシーズ・アシスト
あり
グローバル・ホットライン
海外旅行保険利用付帯最高1億円
家族特約あり
利用付帯最高3,000万円
家族特約あり
オンライン・プロテクションありあり
ショッピング・プロテクションあり
最高補償額年間500万円
あり
最高補償額年間200万円
カード盗難・紛失時の緊急発行ありあり
キャンセル・プロテクションあり-
リターン・プロテクションあり-

結論として、

を選択すると良いでしょう。

2枚のカードを比較することで、改めてあなたに合ったカードを見つけられたのではないでしょうか。

4. まとめ

ANAアメックスカード(ブルー)は、年会費を安く抑えながらも、付帯サービスや入会特典が充実しています。

もちろん、ANAマイルも貯めやすく魅力的です。

ANAアメックスゴールドカードと迷われている方やANAアメックスゴールドキャンペーンの年会費で躊躇されている方もおります。

その際は、まずは年会費の安い、ANAアメックスカードを発行することをお勧めします。

カードを利用しているうちに、旅行に行く機会が増えたり、ショッピングをする機会が増えたりすることがあります。その際に、ANAアメックスゴールドカードに切り替えることもできます。

申し込み方法は、下記の公式サイトより、「申し込みはこちら」をクリックすると入力画面が表示されます。

入会キャンペーンはいつも開催されているわけではありませんので、この機会を見逃さないようにしましょう。